• 大阪のまつげエクステスクールを比較!
  • プロのアイリストになるために知っておきたい事
  • 美容師免許がある人向けマツエクスクール3選
  • 美容師免許がない人向けマツエクスクール3選
HOME » アイリストになるには?~免許取得からデビュー後まで~ » アイリストの1日のスケジュール

アイリストの1日のスケジュール

アイリストとして働くイメージがつくように、先輩アイリストの1日のスケジュールをご紹介します。

まつげエクステサロンに勤務するアイリスト(社員)の場合

美容サロンに勤務するアイリストの場合、サロンの開業時間に合わせて出勤するので、朝は9:30~10:00頃の出社が一般的です。

  • 9時30分/出社 店舗の掃除、施術に必要な薬剤の準備、予約の確認などをしつつ、オープンに備えます。
  • 10時/オープン 接客スタートです。受付後、カウンセリングをして施術へ。メニューの内容にもよりますが、おおむね1時間~2時間ぐらい施術に入ります。
  • 11時30分/1人目の施術終了 次のお客様の予約が入っていれば、施術へ。予約の空き時間となる場合は、お客様へのダイレクトメールや、集客のためのツールづくり、次のお客様のための準備をします。
  • 12時30分~13時30分/お昼休憩 予約のお客様次第でお昼休憩は前後しますが、だいたい1時間ぐらいの休憩が取れます。
  • 13時30分/午後の施術前のチェック 予約確認や電話応対などをしつつ、午後の施術に備えます。
  • 14時~18時/午後の施術 サロンが混み出す時間帯になるので、施術が続くこともあります。
  • 19時/閉店作業 施術の後片づけ、店舗内の掃除、翌日の準備や確認をして閉店します。

アイリストが複数在籍しているサロンの場合は、閉店時間が遅く、早番・遅番の二交代制になっている場合や、お昼休みは交代で取ることが多いです。また、複数の店舗があるサロンに就職した場合は、予約の状況で他店舗へ応援に行ったりすることもあるようです。

社員ではなく、アルバイト・パートの場合は施術メインになりますが、お客様の予約が入る時間になるので、比較的午後の時間帯での短時間就業になるようです。このほか、社員、パート、アルバイトに関わらず、研修や勉強会などを定期的に開いているサロンもあります。これは就業時間内に時間を空けて行うこともあれば、閉店後に行うサロンも。

アルバイトやパートも雇ってくれるサロンなら、短時間での働き方も可能なので、ご自身のライフスタイルに応じて就業スタイルを考えてもよいですね。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
受講内容や料金など最新の情報は、各スクールの公式ホームページをご確認ください。