• 大阪のまつげエクステスクールを比較!
  • プロのアイリストになるために知っておきたい事
  • 美容師免許がある人向けマツエクスクール3選
  • 美容師免許がない人向けマツエクスクール3選

独立・開業するには

アイリストとしてマツエクサロンを開業する際に必要な資金と、その流れを説明していきます。

独立・開業のためにはどんな資金が必要になる?

まず、開業する際に必要となる資金ですが、サロンを自宅で開業する場合は開業費用が安くあげられますが、サロンをオープンする場合は次のような費用がかかります。

  • 家賃(テナント料、部屋の賃貸料、契約料など)
  • 内装費
  • 光熱費

自宅サロンではかからない費用がかかってしまいます。
月々の経費がかかりづらい点は自宅開業に取ってのメリットです。

自宅サロン、店舗サロンで必要となる設備をいくつか挙げると

  • マツエク施術用ベッド
  • デスク
  • 椅子
  • 音響設備
  • 照明

などでしょう。

自宅サロンの場合は、もともと自宅にあるもので代用できることもあるでしょうが、店舗として開業する場合は一からそろえなくてはなりません。
このことからも自宅サロンがいかに開業費用を安く抑えられるかがお解りいただけるでしょう。

自宅サロンにはない、店舗サロンのメリットは?

自宅サロンにはそれなりにメリットはありますが自宅でオープンしているために、生活感が出てしまったり、お客様にとっての特別な空間の演出ができない場合があります。
さらに自宅の立地にもよりますが、集客にも苦労する場合もあるようです。

一方の店舗サロンの場合、家賃はかかるものの集客しやすい立地を選ぶこともできますし、サロンのコンセプトに沿ったインテリアをそろえたり、雰囲気づくりにこだわることもでき、自分の思い通りにサロンをつくることができます。
お客様を招き入れやすく、お客様も足を運びやすい環境にできることも!

マツエクに必要な商材は次の通りです。

  • エクステ
  • グル―(接着剤)
  • ツイーザー
  • テープ
  • リムーバー
  • 衛生管理用品
  • その他消耗品

などもそろえる必要があり、独立開業にかかる費用は、おおむね100万円~200万円程だろうと一般的にはいわれています。もちろん、内装などにこだわりを持たれれば、これが限りではありません。
サロン開業の一般的な流れとしては、立案に始まり、サロンの事業計画、運営資金計画をし、その後実際に物件探し、美容機器の手配、集客、スタッフの採用という流れのようです。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
受講内容や料金など最新の情報は、各スクールの公式ホームページをご確認ください。