• 大阪のまつげエクステスクールを比較!
  • プロのアイリストになるために知っておきたい事
  • 美容師免許がある人向けマツエクスクール3選
  • 美容師免許がない人向けマツエクスクール3選

就職先・収入・キャリアアップ

アイリストとしての活躍の場は広がっており、アイリストとして就職する際は、まつげエクステ専門サロンや、まつエクをメニューに取り入れている美容院、または導入を考えている美容院。同じく、エステサロンやネイルサロンなども考えられます。
気になる収入面ですが、収入はサロンによるものの、雇用形態(正社員、パート、アルバイト)に限らず、平均的に高めです。これは顧客1人当たりの利用単価が高いことが背景にあり、正社員としての初任給では約18万円スタートがここ数年の平均値のようです。
また、パート・アルバイトでは時給1,000円~1,500円ぐらいのようです。
しかしながら、マツエクは技術力やセンスにより顧客数が大幅に変わりますし、顧客獲得に応じて給料も異なってきますので、とてもやりがいのある仕事ともいえるでしょう。

次に、キャリアアップについては、サロンの具体例を挙げてご紹介していきましょう。
某サロンでは入社後にマツエクのスクールに通い、基礎的な技術や知識を学びます。ジュニアアイデザイナーとしてサロンワークの基礎や接客の実習教育を受けたのち、レギュラーアイデザイナーとしてサロンへ配属されます。サロンでレベルアップをしていく過程で、トップアイデザイナーとして活躍の場を広げたり、独立開業したり、認定講師として後進の指導にあたる道も開けます。

アイコーディネーターとは

アイコーディネーターとは、アイゾーンをトータル的にコーディネートすることができるアイゾーンのスペシャリストのことです。アイメイク・ケアまつげの生え癖から目の形、顔の骨格やパーツバランスだけでなく、ヘアスタイルやファッションまでも含めてコーディネートできます。JBCA(日本ビューティ・コーディネーター協会)では「アイコーディネーター検定」を実施しており、JBCAが定める様々な基準にクリアすることにより、アイコーディネーターに認定されます。なお、実技試験の受験には、美容師免許が必要です。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
受講内容や料金など最新の情報は、各スクールの公式ホームページをご確認ください。