• 大阪のまつげエクステスクールを比較!
  • プロのアイリストになるために知っておきたい事
  • 美容師免許がある人向けマツエクスクール3選
  • 美容師免許がない人向けマツエクスクール3選

経営を続けていくには

自宅サロンや店舗サロンを開業した方、する予定の方のために、 サロンを運営していくために必要なことや、集客のポイントなどをご紹介していきます。

経営を続けていくためにおさえるポイントとして、第一に必要なのは経営に必要な数字に強くなることです。

  • 初期投資をおさえ、固定費を減らす
  • 適正なメニュー価格の設定
  • 在庫の管理
  • 商材の原価を抑えた仕入れ

開業しサロンを経営していくにあたり「お金」をどのように動かしていくかが重要です。
利益を出したいのはやまやまですが、お客様を呼び込むために最初から利益度外視の低価格な設定をしては、経営は行き詰まってしまいます。
最初だけ低価格で…なんて思っていても、価格変更後に高くなってしまった場合、
安いから来てくれたお客様が、その後も通い続けてくれるでしょうか?

  • 月にどれだけの支出があり、どれだけの収入が見込めるのか。
  • 客単価を考えた場合、1日何人の施術で希望収入額に達するのか。

お客様にとっては、コストパフォーマンスが良いことは重要ですが、経営側になった場合、無理なコストパフォーマンスをするのは致命的です。サロンの運営に最低限必要な収入と、そこに上乗せできる利益を考えましょう。
まずはサロン開業の時点で事業計画をしっかりと考え、事前準備に時間を割くことでスタートを切りたいものです。

集客率がサロン経営のカギ

サロンを続けていくために、お客様は必要ですが、集客は簡単なものではありません。集客率をアップするために必要なポイントをいくつかあげて行きましょう。

  • ターゲットの絞り込み 来てほしい年齢層や、どのような方をお客様に取り込みたいのか。ターゲットが決まることで、サロンのイメージやテーマ、そろえる設備も変わってきます。
  • 集客ツールの選定 集客するための手段を考えましょう。チラシ、看板、ブログやSNSなど、ターゲットが目に留めやすい手段を選ぶことで、集客率を上げます。
  • 新規のお客様を獲得 サロンに新しいお客様が訪れたら、居心地の良いサロンであること、納得していただける技術の提供を心がけましょう。

お客様がお客様をよび、リピーターにもなってもらえるかどうかも、最初の接客が左右します。サロンを成功させるためにも、どのようなお客様を呼び込み、リピーターになっていただけるようにどうすればよいのかを、考えていきましょう。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
受講内容や料金など最新の情報は、各スクールの公式ホームページをご確認ください。