• 大阪のまつげエクステスクールを比較!
  • プロのアイリストになるために知っておきたい事
  • 美容師免許がある人向けマツエクスクール3選
  • 美容師免許がない人向けマツエクスクール3選

アイリストに必要な資格

アイリストは今人気の職業ですが、「美容師免許」を取得していなければ施術できないことが法律によって定められており、美容師免許を持たない人間が施術することは違法です。
とはいいましても、美容師免許を持たない人でもマツエク技術を学べるんですよ。ただし、アイリストとして活躍するためにはマツエクの技術や知識をどこかで学ぶ必要があります。

持っていたい有利な資格

アイリストとして活動するにあたり、マツエクの技術や知識を所有していることを証明する、持っていると有利な資格はいくつかあります。主なものを以下にご紹介しましょう。

JLA(日本まつげエクステンション協会)技能検定

※日本では最も有名で受験者数が多いとされる試験

  • アイデザイナー(2級):サロンワークでの技術と知識を要求される試験です。
  • トップデザイナー(1級):トップクラスの技術と知識が要求される試験で、資格取得者はサロンへの就職などの際に優遇されることが多いようです。

JEA(日本アイリスト協会)技能検定

※ディプロマのほか、ライセンスカードが発行

  • 2級:プロのアイリストとして必要な専門知識と技術力が審査される試験です。
  • 1級:トップレベルのアイリストに必要とされる、総合的な技能や知識が要求されます。資格取得には、特にアレンジやアート技能が必要となります。

NEA(日本まつげエクステ協会)技能検定

  • 3級:マツエクの装着技術と知識を確認する最も基本的な試験です。
  • 2級:アイリストとしてお客への施術が許可されるレベルを要求される試験です。
  • 1級:サロンの第一線に立てる、トップクラスの技術と知識が審査されます。

NEBA(日本アイラッシュ美容協会)技能検定

  • 3級:基本的テクニックの習得と、衛生面を心がけた施術が行えるかを審査されます。受験にはマツエクの施術経験3ヶ月以上と、施術実績約300名が条件とされています。
  • 2級:お客の要望に現場で応えられるテクニックの有無を試されます。受験にはマツエクの施術経験3ヶ月以上と、施術実績約300名が条件とされています。
  • 1級:アイリストとしての技術・知識だけでなく、美容師試験で出題される内容も含まれる試験です。受験には施術経験6ヶ月以上、施術実績約600名の人が条件とされています。
  • 認定インストラクター マツエク技術・知識のほか、ヘアメイク、色彩学などの知識も身に着けている人に与えられる資格です。

※受験は施術経験1年以上、施術実績約1000名の人が条件です。

日本アイリスト医療学会

  • プロアイリスト:プロアイリストとしての技術や知識があると認められた人に与えられます。
  • アイリストインストラクター資格:アイリストを目指す人に指導できるだけの技術と知識を認められた人に与えられます。

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
受講内容や料金など最新の情報は、各スクールの公式ホームページをご確認ください。